タブレットスタンドを設置しました

こんにちは!ピラティススタジオプラスワンのヨシダです!
今回はスタジオレンタルで利用される方へのお知らせになります。
当スタジオは現在スタジオレンタルもしています。既に有資格の方が個人で他の方を指導する場合もOK(指導する場合アクシデントも想定して指導者の保険に必ず入って下さい。また最悪の自体も想定してCPR&AEDの受講も強くオススメします)ですが、他のスタジオで指導を受けている方、グループレッスンのスタジオでレッスンを受けていてご自分で更に動きを深めたい方、最近は機材が安くなってきたのでリフォーマー等の購入を考えていて実際に一人で実践できるか試してみたいプラクティショナー(実践者の意味)の方のレンタルも当然範疇に入ります。

そのような方の中で動画などの教材を観ながらエクササイズの練習をしたい方、自分の動きを確認しながらエクササイズを確認したい方のためにタブレットスタンドを作成しました(注 タブレットスタンドはご準備しましたがタブレットは各自用意して下さい)

コレ。製作して、着色しようかな?って思ったのですが、ほとんどのピラティスの機材は木製&着色はしていないので、あえてそのままにしました。金属のPPSリフォーマーとは微妙ですが(^_^;)
ちなみに写真のタブレットは8インチサイズの物です(動画を載せたのですが、著作権的にアレかなと思いモザイクをかけました)

撮影してから、8インチのタブレットって珍しいかな?と思い(普通は8インチはiPadミニくらいですよね?・・・)、10インチのタブレットも挟んでみました。

コレ。実はアップルが苦手なのでアンドロイド系タブレットの最安値?なアマゾンfireHD10をごにょごにょして使っています。。。
もちろん土台が小さめに作ったのであまり横に寄せてしますと倒れてしまうのですが、リフォーマーの高さならこの状態がベストです。


ピラティスは強度を求める運動では無く、正確性を求めるエクササイズです。つまり、”いかに重い物を持ち上げるか?”ではなく、”いかに正しく動けるか?”を求めるエクササイズです。(言い換えれば正しく動けるなら負荷を上げていくことでよりレベルを上げていくことが出来ます)

そのためにはまずは動きを評価しないといけません。そのためにプラスワンではなるべく客観的に動きが見えるように、大型鏡、その側面、更にリフォーマー&タワー部にも大型鏡を設置しております。
今回のタブレットスタンド設置で、タブレットとスマホをお持ちの方でしたら、スマホとタブレットを連動させるアプリ(当方で確認したアプリは、”ApowerMirror-”ですが、若干のタイムラグがあります)を使っていただけたら、鏡では確認出来ない角度でも自分で動きをチェック出来ると思います。

と言う事で、ピラティスを”やった感”ではなく、確認しながらチェック出来るスタジオを目指している、
プラスワンはここ!

では~(^_^)/

関連記事

  1. コアアラインが来ました!

  2. スタジオの撮影をしました!

  3. 新 スタジオの360度写真をアップしました

  4. カッティングシートを貼りました

  5. 意識すること、知ること、感じること。

  6. チェアー用のツールを作りました(^_^)/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。