産後ピラティスについて

女性は仙腸関節と恥骨結合にある靱帯を緩め、骨盤を開きやすくして出産します。この開いた骨盤が元に戻るためには、筋肉のサポートが必要となります(これを閉鎖力と言います)。特に骨盤底筋群や腹横筋などのインナーマッスルが重要です。また骨盤の位置によっても骨盤が開きやすい、締まりやすいと言う特徴が有ります(これを閉鎖位と言います)。

しかし妊娠が判明すると運動する機会が減ることで、筋力低下を引き起こし、赤ちゃんが大きくなるにつれ、腹部の内外の筋肉も引き伸ばされるので、産後、まったく産前と同じ状態には戻りにくくなります。

特に帝王切開で出産された方は切開方向も関係してきますが、筋肉を直接切ってしまうため筋力低下と共に切った部分の柔軟性も低下してしまいます。

骨盤底筋群の筋力低下では、尿道などを締める力が低下するため、尿漏れを生じやすくなりますし、ひどい場合子宮脱と言う状態にまで至る可能性もあります。また腹横筋の筋力低下では、内臓を押さえることができなくなり、
いわゆるポッコリお腹になってしまいます。

このようなインナーマッスルの低下は骨盤に歪みをもたらし、その結果、身体全体の筋バランス(前後、左右)が悪くなり、どこか一ヶ所に負担がかかるなどして、痛みや疲れが出やすくなったりもします。

「産後ピラティス」では、このように産後に出現する問題点に着目したエクササイズをメインに産後の身体のお悩みに優しくお応えし、筋肉や骨盤の感覚、また骨盤や体幹だけでは無く、四肢の位置などをしっかり意識しながら進めていくことで身体の不調や体力を好転させていきます。

まずはご自身の身体をいたわることから始めてください。さらに身体を整えることによって、心も整っていくことを感じていただきたいと思います。